ゼロマラリアな世界を目指す国際NGOです。

ゼロマラリアな世界を目指す国際NGOです。

団体概要

団体名称 特定非営利活動法人Malaria No More Japan(マラリア・ノーモア・ジャパン)
事務局所在地 : 東京都千代田区麹町三丁目7番地4 秩父屋ビル8階(株式会社販売促進研究所 内)Google Map

設立:2012年10月 団体設立
   2013年 2月 NPO法人として活動開始
   2015年 6月 認定NPO法人として認定

代表者(理事長)

神余 隆博
Zeroマラリア2030目標達成のため、かつてマラリアを克服した経験を持つ日本の貢献を実現しましょう。
神余 隆博
(関西学院理事・関西学院大学教授・同大学国連外交統括センター長)
外務省国際社会協力部長、国連代表部次席大使、駐ドイツ大使などを歴任。

理事メンバー

石毛 郁治
日本の英知を尽くして、ゼロ・マラリア達成に貢献しましょう。
石毛 郁治
(Malaria No More Japan(マラリア・ノーモア・ジャパン)専務理事、事務局長兼務)
前住友化学株式会社 アニマルニュートリション事業部 事業企画部長
Martin Edlund
マラリアのない世界の目標を達成するためには、グローバルヘルスへの日本の継続的な取り組みが不可欠です。
Martin Edlund
(Malaria No More CEO)/ 運営支援
元ジャーナリスト:The Wall Street Journal、The New York Times
狩野 繁之
日本のイノベーションによるマラリア世界技術戦略への貢献に取り組みます。
狩野 繁之
(国立国際医療研究センター研究所 熱帯医学・マラリア研究部長)/運営支援
渋澤 健
一人ひとりの想いが、一人ひとりの命を救います。
渋澤 健
(コモンズ投信株式会社会長)/運営支援
高木 正洋
今尚毎年43万人(我が長崎市の人口に同じ)の命がマラリアで失われる!この理不尽許せない!
高木 正洋
(長崎大学名誉教授)/運営支援
長崎大学副学長(拠点担当)、長崎大学国際連携戦略本部長、長崎大学熱帯医学研究所副所長などを歴任。
髙野 哲朗
マラリア撲滅の為、弊社は世界で約163億円を投じてきており、MNMJ設立から参画しています。
髙野 哲朗
(エクソンモービル・ジャパン合同会社社長)/Founder及び運営支援
長島 美紀
今こそゼロマラリアの主役になろう!
長島 美紀
(合同会社ながしま笑会代表/一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク業務執行理事)
現在、サステナビリティをテーマに産官学との連携を進める。
西本 麗
SDGsで掲げられている2030年までのマラリア制圧に向けて、日本の貢献を示していきます。
西本 麗
(広栄化学株式会社 代表取締役社長)/運営支援
原田 聡
ゼロマラリアに向けて、皆が持っている力を結集しましょう。
原田 聡
(Malaria No More Japan(マラリア・ノーモア・ジャパン)元 専務理事・事務局長)
前住友化学インド株式会社 社長
水戸 信彰
科学の力を結集してマラリア撲滅に貢献したい。
水戸 信彰
(住友化学株式会社 代表取締役 専務執行役員)/Founder及び運営支援

顧問

水野 達男
マラリア制圧という地球規模的な課題に、日本国、日本企業、そして日本人が強く関われると信じています。
水野 達男
(Malaria No More Japan(マラリア・ノーモア・ジャパン)元 専務理事・事務局長)

幹事

菅原 邦彦
(公認会計士)

理事長メッセージ

ゼロマラリア2030目標達成のため、かつてマラリアを克服した経験を持つ日本の貢献を実現しましょう。
かつてマラリアが発生し、克服した経験をもつ日本に、2012年10月26日に、Malaria No More Japan(マラリア・ノーモア・ジャパン)が誕生しました。
日本においては、マラリアは過去のこと、若い世代にとっては未知のこととなりつつあります。
しかし、エイズ、結核とならび世界三大感染症の一つのマラリアは 今なお、アフリカやアジアなどでその猛威を振るい、
世界人口の約半分がマラリア感染の脅威にさらされ、二分間に一人と言われるほど多くの幼い子どもたちの命を奪っている現実があります。
他方マラリアは予防・治療が可能な感染症です。蚊帳、診断キットや治療薬の配布等、これまで国際機関などの取組みにより、
2000年から15年間で延べ、約700万人の命が救われ、マラリアによる世界の死亡率は約半分に減っています。
今が、制圧・排除に向けてさらに世界が一丸となって取り組む大きなチャンスであります。
感染症は人間の安全保障の問題であると同時に、途上国の持続的な開発に深くかかわる問題です。
マラリア・ノーモア・ジャパンも2017年4月に、2030年までにマラリア制圧を目指す宣言をしました。
日本からマラリア制圧の潮流を作り、啓発・政策提言活動を実施することによって、マラリアによる犠牲者を無くすことに寄与できるよう努めてまいります。
ぜひ皆様のご支援と協力をお願いいたします。

2017年11月吉日
認定NPO法人Malaria No More Japan(マラリア・ノーモア・ジャパン)理事長
神余 隆博

これまでにご支援いただいた企業・団体

2020年度ご支援企業様

栄研化学株式会社
大日本住友製薬株式会社
テクマトリックス株式会社
日産化学株式会社
株式会社バイオマトリックス研究所
レインボー薬品株式会社

2019年度ご支援企業様

アース製薬株式会社
合同会社RDBコンサルティング
栄研化学株式会社
大日本住友製薬株式会社
テクマトリックス株式会社
株式会社バイオマトリックス研究所
レインボー薬品株式会社

2018年度ご支援企業様

アース製薬株式会社
合同会社RDBコンサルティング
栄研化学株式会社
大日本住友製薬株式会社
テクマトリックス株式会社
日産化学株式会社
株式会社バイオマトリックス研究所
レインボー薬品株式会社
ロート製薬株式会社
ZERO Malaria Messenger: 島 嘉文 様、平本 浩一 様(伸栄工業株式会社)

2017年度ご支援企業様

合同会社RDBコンサルティング
栄研化学株式会社
広栄化学工業株式会社
住友化学園芸株式会社
大日本住友製薬株式会社
レインボー薬品株式会社
ロート製薬株式会社

2016年度ご支援企業様

合同会社RDBコンサルティング
栄研化学株式会社
大日本住友製薬株式会社
田岡化学工業株式会社
レインボー薬品株式会社
ロート製薬株式会社
かるがも基金(ロート製薬株式会社)

2015年度ご支援企業様

合同会社RDBコンサルティング
イノチオホールディングス株式会社(旧 ㈱石黒製薬所)
会宝産業株式会社
大日本住友製薬株式会社
田岡化学工業株式会社
株式会社トライポッド
株式会社販売促進研究所
株式会社理研グリーン
レインボー薬品株式会社
ロート製薬株式会社
かるがも基金(ロート製薬株式会社)

2014年度ご支援企業様

株式会社石黒製薬所
会宝産業株式会社
大日本住友製薬株式会社
田岡化学工業株式会社
株式会社トライポッド
株式会社販売促進研究所
レインボー薬品株式会社
ロート製薬株式会社
かるがも基金(ロート製薬株式会社)

2013年度ご支援企業様

株式会社ALMACREATIONS
有限責任あずさ監査法人
大塚製薬株式会社
会宝産業株式会社
グラクソ・スミスクライン株式会社
株式会社ケンアンドマイケルベリーカンパニー
国分土地建物株式会社ライフケア―事業部
プレジールヴィラ市川
株式会社ジェイティービーモチベーションズ
住商アグロインターナショナル株式会社
住友化学園芸株式会社
住友商事株式会社
大日本住友製薬株式会社
田岡化学工業株式会社
株式会社トライポッド
株式会社西日本ビルサービス
株式会社販売促進研究所
レインボー薬品株式会社
ロート製薬株式会社
かるがも基金(ロート製薬株式会社)